そう思ったらそう!

↓下のMENUをクリックすると、メニューがでてきます☆↓

”人生を変えたい ”アラフォーに捧げる、誰も教えてくれないこと

time 2018/09/09

”人生を変えたい ”アラフォーに捧げる、誰も教えてくれないこと
この記事は約7分で読むことができます。

あなたを励ますこと、それができればこのブログを立ち上げた意味がある。
ポパイ@励(ハゲ)マスターです。

あなたは「もう」アラフォーですか?
それとも「まだ」アラフォーですか?

「もう」と答えたあなたは、残念ながらこのページを最後まで読まなければならない、、「まだ」と答えたあなた、、、やっぱり最後まで読まなければ、、、(おなじかよっ)笑。

自分のことをどう呼んでる?

自分のことをどう呼んでいる?

よくあるのが、
「もうオッサンだから」や
「こんな歳になってしまったから」という言葉。 人生を変えたいのに、そんなこと言いつつ、自虐的に同情をかってどうするのだろう。
よくよく考えてみたら、年齢って世の中で一番平等にみんなが重ねていくものなのに、そのせいにするって、いったいどういうことだろうか??

自分だけが一年で一歳ではなく、何割か増しで年齢を重ねているというカミングアウトなら、いくらでも話を聞く。聞きたいぐらいだ。

けれど、一年で一歳増えていくという、当たり前のことなら話は別だ。自分の言動に自信がなかったり、否定されたりしないために、年齢をもちだしてはいないだろうか?
もし、こういうことをしたことがあるなら、
これからは、いっさいやめておいた方がよい!
と言い切らせてもらう。
なぜなら・・・
そんなものは、どこの誰が聞いても、言い訳にしか聞こえない。なんの説得力もないものを勝手に持ち出して、「自分はほんとうはこんなものじゃないんだよー」と言ってるようにしか聞こえない。そして何よりも、、、

もったいないから!あなたが!あなたの可能性が!!

自分のことばに一番影響を受ける

自分の言葉に一番影響を受ける

ふだんのあなたが自分にどんな言葉をかけているか。そのことばが脳に一番影響を与えるんだ。

要するに、自分の言葉が、自分を決めている。

自分のことを「オッサン」や「おばちゃん」と言っている人を観察してみたらよくわかるよ。ほんとうにその通りだから。w

けど、ここでいう「オッサン」や「おばちゃん」っていうのは、「見た目」だけのことではないから。たいていの人は見た目だけで、その人のすべてを判断してしまうんだけど、ボクの言いたい「オッサン」や「おばちゃん」ってのは、毎日イキイキしていない。人生の目標がない人。みたいなことを、「勝手に」定義しています。まぁわかりやすく言うと、

一緒にいても何も刺激や感動を受けない人、かな。非難じゃないです、自分への戒めを込めて。

話を戻して、

自分の言葉が、自分を決めている。ってことなんだけど、

毎日過ごしていて、「あの人のせいで」、とか「あれがあったから」、などとまわりの環境が原因だと思ってしまうことってあるよね。ボクもそう思ってた。けれど、

たとえば上司に自分の行動を否定されたとする。それでイラついて、

「自分なんて、なにをやってもうまくできない」と自分のことを否定してしまうか、

「なにくそーっ!見とけー!自分は、やればできるんだっ!」と見返す目標を掲げて反骨心をもつのか、

その後のあなたの人生を決めるのは、あなたが自分に向けることば!

アラフォーということばの威力

アラフォーということばの威力

アラフォーということばをどういう意味で使ってるか。もうこんな年齢、というマイナスの意味をもたせているのなら、あなたはマイナスの人生を送ることになる!
考えてください。普通に寿命まで生きて、仮に80歳だとします。まだ半分ですよ!

「まだこんなに動ける時間がある」、と思い色々なことを変えようとチャレンジしていく人生になるのか、

「もう歳だし」、と言ってなにかをはじめることを放棄し、全て年齢のせいにしていき何も変えられない人生になるのか、それはあなたのアラフォーという言葉の使い方、心の状態が決める!

冷静に考えてみてよ。あなたが生まれて40年ちかくたっただけで、あなたの心も体も錆び付いてきたとでもいうのですか?人間ってそんなに弱くないよ。

要するに、もう年老いていくだけだし、という使い方なら、ほんとうに年老いていくだけで、何のチャレンジもワクワクもない人生。

まだまだこれから!という使い方なら、新しいことにチャレンジしたり、覚えたりすることで、楽しみも増大。また新しいチャレンジへのパワーが出てくるってこと。色々な業界でいつまでも若々しく結果をだし続けている人たちは、みんな「もう年老いていくだけだし」なんてことは思いもしていません!

「まだアラフォーか」に変換しようぜ

まだアラフォーかに変換

東京ディズニーリゾートは設立が1983年で、2018年現在、35周年記念のイベントを開催している。

●日本サッカー界では、カズ(三浦知良)が、2018年8月現在、51歳という年齢で現役でプレーしている。

●ボクも大好き!なケンタッキー・フライドチキン(KFC) の創業者、 カーネルサンダースは、なんと62歳の時にケンタッキー・フライドチキン(KFC)のフランチャイズ一号店を開業したのだ。

それまで、ガソリンスタンドやカフェの経営をしていたとはいえ、62歳からの挑戦。そして、1964年で74歳になり、第一線から退く時には、600店舗を超えるフランチャイズを成し遂げていたのだ。

すごくないですか?この話を知って、どう感じただろうか?カズのことが、かすむぐらい、カーネルサンダースって、実はすごいですよね!

あなたが40歳だとして、22年後に新規事業を立ち上げる・・・

想像できましたか?
「そんなの、ムリムリ!」と言いたいところを・・・「まだ40歳だから、できる!」
自分にむけることばを、そう変換していこう!

カリフォルニア大学の心理学者、ソニア・リュボミルスキーが、25万人以上を対象に、前向きな言葉を発することと、それによる幸福感がどんな効果をもたらすか、という調査をおこなったところ・・・。

その結果、「人は前向きな言葉を発すると幸福感を感じ、その幸福感は、人を社交的にし、他人思いにさせる」ことが分かりました。自分と自分以外の人に対する愛情が強まり、問題解決能力が高まる。リュボミルスキーはその累積効果により、「よりよい人間関係を築き上げることができ、充実した人生を長く送れるようになる」と結論づけています。

出典:『なぜ、成功者たちは「フシギな習慣」を持っているのか?』 濵栄一 著 宝島社

一番伝えたかったこと

●あなたは、自分のことを、”○○”アラフォー。どう呼んでいますか?自分のことをどう呼んでるかで、人生が決まる。
●要するに、人生を変えるには自分が自分にどう言葉を使うかで、決まる。
●アラフォーという言葉じたいに、マイナス要素はない。使うあなた次第。
自分で年老いたと思いながら使うか、まだまだ人生これから!と思いながら使うか。
これからの人間関係にも影響をおよぼす!それはすべてあなたが決められる!
カズ(三浦知良)、スゲー! カーネルサンダース、もっとスゲー!!

 

セットで読みたい
人生は一度きり!周りに合わせている時間はない!

このサイト”そう思ったらそう!”に来てくださり、ありがとうございました!人生って自分が『そう思ったらそうなる』んですよね。

自分の経験から、すこしずつシェアしていきたいなと思い、このサイトを立ち上げました。

”あなたにとってすこしでも励ましになれたら”はじめての方は、こちらからだとわかりやすいです

このブログの作者『ポパイ』についてはこちらからどうぞ!

ポパイ@励(ハゲ)マスター、メルマガをはじめましたっ!

ブログでは書けない、ボクの日常やもっとリアルな姿をどんどん発信しているので、気になったらぜひ登録してみてください。

どんどんワクワクして、人生を変えていきましょうね!

もし登録後、「こんなの、いらね~!」
ってなっても、2クリックですぐに解除もできるので、どうぞお気軽に(^O^)

メルマガ

down

コメントする




ボクの紹介☆

ポパイ@励(ハゲ)マスター

ポパイ@励(ハゲ)マスター

人生を変えるために必要なこと、それは「変えられる!」と自分の可能性を信じること。そして、目の前の出来事を「どうとらえるか」で現実はつくられていきます!●禁酒●禁煙●ダイエット●人間関係を良くする自分が生きやすくなり、人生を変える方法はたくさんあるのです。それを自分で選び動くことができるか、ですよね! この ポパイ@励(ハゲ)マスターが変われたように、あなたも変わることができます! ドン底からでも、何歳からでも! [詳細]

ツイート!

Twitterとメルマガやってます!

メルマガ