そう思ったらそう!

↓下のMENUをクリックすると、メニューがでてきます☆↓

35歳からの転職!一歩を踏み出す方法【二度目の転職から一年】

time 2019/01/20

35歳からの転職!一歩を踏み出す方法【二度目の転職から一年】

35歳で最初の転職、
37歳で2度目の転職をし、さらに一年が過ぎました。ポパイ@ハゲマスターです。

転職経験者として
『転職をしたいけど、なかなか勇気がでないなー』
というあなたの背中を押せる方法をシェアします。

転職することは怖くない

同僚にこういう人がいました。 ボクが転職するために「退職します」と  伝えると、きまって「いいなぁ」という人。前の職場に、そしてその前の職場にも。 その人たちに共通していることは「転職して、次の会社でうまくやっていけるのか不安」ということでした。
なにも行動を起こしていないのにとても怖がっていたその姿は、ボクにはもったいないとしか思えなかったのです。
なぜなら、転職した先でうまくやっていけるかどうかって、転職先の人が決めることではないから。 自分がどうするかを決めることができるのです。
まだ起こってもいないことに不安を抱えて、そのまま転職するのをやめておくのか、これから起こるであろう出来事にワクワクするのか。

転職で一番大切なことは『自分がどうしたいのか』

転職するってことは、何か理由があるってこと。それは収入、人間関係、仕事内容。 自分で転職先を選び、新しいものをつかみとっていかなければいけない。 そのときに「なにかを与えてくれる」という受け身ではなく、「自分から向かっていく」という姿勢が大切なのだ。要するに、給料あげてくれるかな、人間関係は大丈夫かな、仕事内容はわかりやすいかな、という心ではなく、自分からつかみにいくということ。

給料を上げたいのなら、上がるように考えて動く。→少しでも会社の利益に貢献する。
人間関係を良くしたいのなら、良くなるように考えて動く→自分から積極的に話しかけたり、他人のことを悪く言わない。など。
その会社になんのために決めて、何をしていくのか。自分で決めた目的に向かっていくことで、受け身の姿勢はなくすことができます。

「なにをするべきか」も大事。
けれど「なにをしたいか」を自分ですすめていく。

あいさつは、必ず『自分から』

自分から向かっていく、という姿勢にも共通していることに、「あいさつ」がある。はじめて新しい職場に足を踏み入れたとき、相手がどちら様かわからないのは当然。だからこそ、自分から「あいさつ」。 転職してくる人をみんなが歓迎してくれているとは限らない。しかしあいさつを自分から続けることで、間違いなく転職先の人たちからは好印象を得ることができる。

だから、朝のあいさつも、仕事終わりのあいさつも、『自分から』ということをぜひとも続けてもらいたい。 「あいさつをしてくる人」というイメージは、思っている以上にパワーをもっているのである。

はやく仕事で成果を出したい!という勢いも大切。
誰に対しても自分から「あいさつ」ができる人間性はもっと大切。
しかも、最初にできていないと、あとになるにつれできなくなるもの。

転職先では必要以上に「合わせない」

”郷に入れば郷に従え”
という言葉があります。新しい地ではあまり自分を主張しすぎず、まわりに合わせようという考え方です。 けれどボクが思うことは、「イエスマンになるな」ということ。転職してきたあなたは、「新卒」ではないということが前提です。ましてや、35歳以上ともなれば、前の職場でなにかしらの経験を積んでいて当然でしょう。転職先では新米だとしても、あなたのその「積んできた経験を活かす」ことを期待されているのです。

それは必ずしも転職先の先輩たちとやり方が同じとは限りません。まったく違う考え方だったり、方法をあなたの経験から出すことができるかもしれないのです。 その可能性に自分がかけずに、誰があなたの可能性に期待できるのかって話。自分を出すことをおそれず見せていくことが、ほんとうの意味でのあなたの転職が成功したと言えます。

ということは、転職先のやり方に合わせすぎるのもよくない。 あなたという「自分」をはっきりと表明し、伝えること、それが転職先であなたがすべきことだと思います。

あなたのそういう態度によって嫌な対応をとってくる人もいるかもしれない。あなたを歓迎していないとあらわしてくる人もいるかもしれない。 そこが勝負の分かれ道。 嫌われたくない、嫌な思いをしたくないからと自分を押し殺し、転職先に合わせるのか。
それとも、「自分はこういう人間です」と表現をとることができるのか。

 

失敗が恐くないですか?って質問。失敗が全く恐くないかっていったら嘘になるけど、無意識に守りに入ろうとする自分が何よりも恐いかな。 ー本田圭佑ー

引用:蒼き魂~サッカー情報ブログ~

あなたにしかできない一日一日を積み重ねる

転職してたとえば一年が過ぎたといっても、中身をみてみれば、一日一日の繰り返し。毎日同じように考え、同じように行動していては、それはほんとうに「あなたにしかできない一年」になるだろうか?
会社や、同僚からの評価がどうでもよい、という話ではない。あなたが転職した意味を考えながら、転職先でやりたいこと・やるべきことを一日一日着実に積み重ねていくことが、一年を振り返ったときに「成長」という足跡をのこしてくれる。

「みんながしていること」が正解とはかぎらない。
「あなたがすること」で正解にしていくこともできる。

 

転職先でしないほうがいいこと

前の職場の話

聞かれることがあれば、事実をありのまま話すことは必要。大げさな表現や、悪くいうことはNG! ボクの考えでは、さりげなくどういう部分が良かったかを伝えることができればOK!

なぜなら、人間は悪い部分に目がつきやすく、良い部分にはきづきにくい習性だから。前の職場の良い部分に気づいている、というあなたを伝えることで、愚痴や文句ばかり言ってくる人を前もってシャットアウトする効果がある。

セットで読みたい
笑顔の効果を知ってる?笑顔を意識して手に入れた3つのこと!(追記あり)

役職者に必要以上にペコペコする

これは、心理としてはめっちゃわかります!気に入られたいですよね。けれどこれをしてしまうと、明らかに同僚からは良い印象をもたれません。あなたがどんなに実力があったり、やる気にあふれていても「出世狙い」というような、あらぬ噂をされる可能性が高くなるのです。

転職先での同僚はあなたのことをある意味ではライバルと思っています。自分たちの立場をおびやかす存在ではないか、先に出世していかないか、という気持ちをもってあなたを観察しています。
そのあなたは役職者にどう思われるかなどはさておき、転職先の同僚に向き合い、着実に信頼を積んでいくことが大切です。

自分のプライベートを語りすぎる

どのあたりに住んでいるのだとか、家族構成はだとか、休みの日になにをしているか、はじめは色々なことを聞かれると思います。ここでのボクなりの考えは、「ここでキャラが決まる!」ということ。

そのような質問の答えとして、愛想のない答えをしてしまうと、それからは話かけられることがあまりなくなるでしょう。しかし、ユーモアあふれる答えだったり、個性的な答えをすることができれば、合間に色々なことを聞いてもらえるようになります。そこでまたユーモアで返していけば、徐々に人気者になっていけるかもしれません。
しかしここで気をつけたいこと! あくまでも会社という組織のなかでの会話だということ。あなたのことを知りたくて知りたくて聞いてきている、というよりこの組織に新しくきたあなたがどのような人なのか、を聞かれているということ。あなたのプライベートを全開にして、話を聞いてもらおう!という意識だけはもたないほうがいいです。それよりも、はじめのうちは特に仕事の話を中心に、色々聞いてみよう!という意識が大切ですね。

名著「ゼロ」からの言葉をシェアします

言わずと知れた堀江貴文さんのベストセラーから。

人が新しい一歩を踏み出そうとするとき、次へのステップに進もうとするとき、そのスタートラインにおいては、誰もが等しくゼロなのだ。

つまり、「掛け算の答え」を求めているあなたはいま、「ゼロ」なのである。

そしてゼロになにを掛けたところで、ゼロのままだ。物事の出発点は「掛け算」ではなく、必ず「足し算」でなければならない。まずはゼロとしての自分に、小さなイチを足す。小さく地道な一歩を踏み出す。ほんとうの成功とは、そこからはじまるのだ。

「ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく」

一番伝えたかったこと

ゼロ

あなたは可能性にあふれているのです。「自分はなんでもできる!」そう思ってもいいのです。その可能性に自分がかけずに、誰があなたの可能性に期待できるのか。

もっと自分の存在を認めましょう。価値に期待しましょうよ!

転職するということは、環境がかなり変わります!毎日通う場所、会う人すべて変わるということ。とても違和感があります。慣れるまで大変だと、必要以上に不安にならないで、そのためのシェアじゃない。

ボクが言いたかったことは、違和感に負けないことで成長できる!
ということ。環境が変わるのだから、違和感があって当たり前なんです。今まで通りじゃなく、あれっ、と思うことがあって当然なのです。あとは、それを怖がらずに新天地に飛び込もうと思えるか!100点満点の職場なんかない。そこでどう自分が振る舞い、何を手にすることができるか。

すべてはあなたしだい。転職先でも、あなたが思うようになっていく。そう!思ったらそうなる!

ポパイ@【ハゲマスター】のプロフィールはこちら

セットで読みたい
【前編】『そう 思ったら そう!』ってどんなブログ??

 

 

down

コメントする




ボクの紹介☆

ポパイ@励(ハゲ)マスター

ポパイ@励(ハゲ)マスター

人生を変えるために必要なこと、それは「変えられる!」と自分の可能性を信じること。そして、目の前の出来事を「どうとらえるか」で現実はつくられていきます!●禁酒●禁煙●ダイエット●人間関係を良くする自分が生きやすくなり、人生を変える方法はたくさんあるのです。それを自分で選び動くことができるか、ですよね! この ポパイ@励(ハゲ)マスターが変われたように、あなたも変わることができます! ドン底からでも、何歳からでも! [詳細]

ツイート!

Twitterとメルマガやってます!

メルマガ